この業界をけん引するグラクソ・スミスクライン

まずこのグラクソ・スミスクラインとは、研究に基盤を置いている世界をリードする製薬企業です。

消費者の健康のために、革新的な医療用医薬品や市販のヘルスケア用品を研究しています。

公式のグラクソ・スミスクラインでは、この症状についての詳しい情報を公開しています。

特に悩む人が多いのは、脇の下から滴る程に大量に出る腋窩(えきか)多汗症です。

腋窩とは脇の下のくぼみのことです。

脇の下は汗腺が多く、緊張やストレスなどの精神的な刺激、気候、運動などによる温熱刺激の2つの刺激で発汗が促されるため、同じ様な状況になりやすいです。

腋窩多汗症は、日常生活に支障を与えます。

脇の下のシミが気になって外出が億劫になります。

そして服に色が付き染みができているのを周囲が見ているのではないかと気になってしまうこともあります。

周囲の目が気になって仕事や授業に集中出来ないことで、成績が下がることもあります。

このように長く世界最先端の研究をしているボトックス注射によるグラクソ・スミスクライン

参考【ワキ多汗症 - グラクソ・スミスクライン】
http://glaxosmithkline.co.jp/kigyo/wakiase/


【ボトックス わきが 多汗症 治療 日本橋形成外科 動画】Youtube

日本人の割合とグラクソが発表する研究の成果

脇や首のニオイで周りに不快感を与えているのではないかという、そういう恐怖感が出ることもあります。

グラクソの発表の制汗スプレー、着替えやタオルを何枚も持ち歩く必要があるため、これは料金と手間がかかります。

また、こういった精神的なストレスから、さらに緊張や不安が生じてこの症状が悪化してしまうケースもあります。

特別な原因がないのに脇から大量に瞬間的に出るのは、「原発性多汗症」です。

日本人の約5.8%が症状を抱えていると、現状では言われています。

腋窩多汗症をチェックする診断基準では、以下のようなことをここでは細かくチェックします。

両脇で同じくらい多くの量をかく、日常生活に支障が出る、週1回以上脇汗が多いと感じる、25歳以前に症状があった、家族や親戚に同じ傾向の人がいる、また眠っている時には症状が出ない、などです。

理由も原因不明の脇汗が半年以上続いていて、なおかつ上記のリスト2項目以上に当てはまれば、こういった種類に別けられる疑いが強いです。

しかし、このタイプにはボトックスによる治療法があるので安心して良いです。

よく使われているのは、塗り薬、注射、飲み薬、手術、です。

公式のグラクソでも塗り薬は、塩化アルミニウムという制汗作用を持つ成分が、このように含まれた市販のを脇の下に薄く広げて塗ります。

毎日患部に塗り続けることで、徐々に効果があらわれてきます。

一度効果が出ると、次からは効果があらわれるまでの時間が短くなります。

将来的にもグラクソには様々な発表が期待できます

グラクソのボツリヌス菌による療法とはどんなもの?

注射薬は、最先端のボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質を脇下に注射する方法です。

グラクソの研究の発表ではボツリヌス菌は筋肉を弛緩させる医学的な作用があります。

これによって強制的に汗を出にくくさせます。

注射を1本だけ打つのにかかる時間は10分以下です。

一度注射すると4~9ヶ月効果が持続しますから、年に1~2回病院に行けば良いことになります。

重度の症状の場合には、保険が適用されることになっています。

ボツリヌス菌を使った療法は、多汗症の治療以外にも、まぶたや顔のけいれん、肩や首の筋肉の張りによる異常姿勢、脳卒中の後遺症で起こる手足のつっぱり、小顔治療、などにもこれは使われています。

飲むのは、抗コリン薬や漢方が処方されています。

塗布とは異なり、全身性の症状にも使えるというメリットがあります。

塗り薬、注射、イオントフォレーシス(専用の機械のなかの水に電気を流して汗腺を変性する)が効かない場合や、これらの治療が使えない場合に用いる方法としても位置付けられています。

さらに症状が重い人に対しては、カウンセリングで手術が勧められることがあります。

手術の種類はいろいろあり、料金はグラクソによると健康保険が適用するのと使えないものがあります。

多汗症の市販薬、ボトックス注射、イオントフォレーシス、経口、をやっても効果が出なかった場合に行われます。

手術に関して医師からしっかり説明を受ける必要があります。

その他として、神経ブロック注射、レーザー療法、心理療法、などもあります。

まずは塗布剤を使い、効果が出ない場合には他の治療法を検討していくのが一般的です。

手術や塗り薬などグラクソの研究も多様化

多汗症【薬局にある市販の薬】病院に行かずに改善


【関連する記事】