早期発見が必要な病気の原因でありサインかもしれない

まず、根本的な原因は、人の体は暑さや運動によって体温が上がると、オーバーヒートを防ぐために伴って出ます。

汗をかくと気化熱と言って排出とともに皮膚表面の熱が下がります。

この体のシステムがうまくコントロール出来なくなってしまう病気があります。

多汗症と呼ばれるもので、思春期〜中年世代に多い症状だと言われています。

男女関係なく発症します。

高血圧のように思われますが、明らかな原因が存在しないのは「原発性」、なんらかの市販している薬を要する病気が元になっているのは「続発性」と呼ばれています。

続発性の方は根本的な部分を突き止めて、それを薬で解決していくことが治療に必要です。

多い種類は、以下の5つです。

こういった多汗症の理由はストレス、他の疾患、ホルモンバランス、遺伝などの生活習慣、です。

即ケアが必要な病気が原因となっているケース

病気ではなく精神的なストレスが原因となる

1つ目の原因となるストレスは、精神的な恐怖、緊張、不安、などを感じた時に交感神経が優位になり、高血圧などで汗腺の活動が活発になりすぎてしまうことで起こります。

これが交感神経が敏感な人ほど、市販薬を使わないと多汗症を発症しやすいです。

ストレスとの関係は、この病気はまだ謎が多いです。

2つ目の他の疾患は、代謝異常、内分泌異常、循環器や中枢系の疾患があると、それが何かしらの理由でなることが以前のデータの数字を見てもあります。

局所的よりも、全身に症状があらわれることが多いです。

疾患の例として、バセドー病、褐色細胞腫糖尿病、末端肥大症、生殖器障害、急性リウマチ、糖尿病、結核、などの種類があります。

3つ目のホルモンバランスは、交感神経の乱れに関係しています。

ホルモンの分泌は脳の視床下部で、これはコントロールされています。

ここでは交感神経の働きもコントロールされているので、ホルモンバランスが乱れる事が原因で交感神経も一緒に働きが乱れます。

特に女性は月経、妊娠、更年期、薬の影響で日常的にホルモンバランスが乱れるので、影響を受けやすいです。

4つ目は先天性の遺伝です。

例えば、親が神経質な性格だったり、交感神経が敏感に働きやすい性格だと、これが子供にもそれが遺伝する可能性があります。

この症状が起こるのは思春期以降が多いと言われていますが、これは乳幼児期からすでに症状が出ている可能性も実際にここにはあります。

そして最後の5つ目は生活習慣の乱れです。

唐辛子など辛いものを食べると、交感神経の働きが活発になって量が、そこから多くなります。

これは食事をとった時に出る食事誘発性代謝による多汗症とは仕組みや原因が異なります。

食事誘発性代謝は脂肪が燃えている状態ですが、辛いものを食べた時に出る際は交感神経が優位になることによって病気でなくても、誰でも出るものです。

この状態では、脂肪は燃えていません。

あくまでも交感神経の働きによって出るのです。

毎日の暮らしが原因となっているケース

喫煙者や肥満者など生活習慣病が原因

また、肥満者も比較的同じ様な症状になりやすいです。

原因となるのは喫煙者、カフェインが含まれるブラックの濃いコーヒーをよく飲む人も多汗症になりやすいと言われています。

ニコチンやカフェインには交感神経を優位にする中枢神経興奮剤という薬の物質が多く含まれているので、作用で出やすくなります。

こういった状況のほとんどは、交感神経が働きすぎることによって起こるものだと考えられています。

比較して異常に出るという人は、なるべく交感神経を刺激しないような生活を心がけたほうが良いでしょう。

特に、精神的なストレスによる症状は、「早くすぐに止めなければ」と焦ってしまうと、かえって高血圧の病気でないのに高揚で出るということもあります。

こういう時には、ネガティブなことは忘れてしまうのが一番です。

「他人は自分の掻いた汗なんてそれほど気にしていない」という気持ちを持ち、リラックスするように努めましょう。

深呼吸すると気持ちの乱れが整います。

医療機関では病気に処方されている、「塩化アルミニウム外用制汗剤」という、汗腺をふさぐ働きのある多汗症の薬を使う方法も有効です。

市販の制汗剤にも含まれている成分です。

他には、「イオントフォレーシス」という水を入れた機械に手足を入れて、微弱な電流を流して汗腺にダメージを与えて少し出にくくさせるような方法もあります。

これは手足のケアに有効です。

こういった場合には、原因不明の「原発性」と他の疾患が関係している「続発性」があることがわかりました。

ストレス、他の疾患、ホルモンバランス、遺伝、生活習慣により影響が出てくる可能性が高いので、心当たりのある人は気をつけましょう。

病気でなくても精神的な疲れが原因となることも

多汗症【薬局にある市販の薬】病院に行かずに改善


【関連する記事】