滝のように止まらない!多汗症への市販の薬

今年の夏は例年よりも猛暑!?今から体に合う多汗症の薬を準備


備えがあると気持ちも安心して楽に

少しでも多汗症の薬が気になるのであれば、ポジティブに自分の体質や生活習慣に合うもの(塗る?飲む?)を試しながら見つけていきましょう。

汗が治まったり、効果が表れるかは自分で使ってみて初めてわかることです。

何もしないで悩んでいるとより精神的にも負荷が掛かってしまいますので、できるだけ早く前向きに多汗症の薬となるパートナーを探しましょう。

誰にも知られずに安心してネット通販で購入できます

夏になると必然的に誰もがかきやすくなりますが、この季節だけでなく一年中汗かきだったり、効く制汗剤があっても人一倍量を多くかいてしまう悩みを多汗症と言います。

運動してどうしても量が多いと化粧が崩れたりワキに染みが付いたり、またワキガだと臭いが大変だと口コミでも多いです。

薬局などに市販されているデオドラント系の商品も多くありますが、本当に改善したい症状はどのような病院(皮膚科)の手術や副作用のない薬でこれには対処していけばよいのでしょうか。

多汗症とは、比較すると多くかいてしまう症状のことで、生活で緊張してしまった時や驚いた時に精神性発汗により市販の効果のない薬ではこういった止まらない状況が起こってしまいます。

ストレスやコンプレックスからの精神性発汗は手のひらや足の裏に多くの量をかいたり、これが中には脇の下や顔にも汗をかいてしまう人もいます。

口コミを見て共通して言えるのは体からの発汗はあまり見られないということです。

手のひらや足の裏に大量の汗をかく場合、「手掌足蹠多汗症」と言われています。

必要以上に出てしまう原因は緊張した時に自然と出ると思われがちです。

しかし、緊張した時に発汗を促す交感神経が敏感過ぎる為に沢山、掻いてしまうのです。

そのため、交感神経が活動し始めただけで、それに伴って恥ずかしいほどに出てしまうのです。

そのため緊張した時や不安な時以外でも朝目が覚めた途端に掻いてしまったりします。

保険適用の効果ある病院の薬がなければ自宅でリラックスしていても止まらない大量の汗が出てしまうのです。

ここでは市販の薬で治療をすることもできますが、また危険な副作用が出たりそれだけでは足りないという方がほとんどです。

しかし、多汗症ではなく他の要因で脇に汗をかいてしまうシチュエーションがあります。

頭や顔が恥ずかしいほど濡れてしまう多汗症

まずは市販の多汗症の薬を試してみましょう

緊張で手汗がすごい多汗症にプロバンサイン

一般的には必要以上に出る主な病気としては、発汗を抑制するエストロゲンという物質が低下するためです。

汗が出る更年期障害や甲状腺ホルモンが増加して基礎代謝が高まる全身に水を浴びたように止まらない程かいてしまう甲状腺機能亢進症、アドレナリンというホルモンが過剰に分泌されて代謝を高める為に多くの汗をかいてしまう褐色細胞腫です。

こういった病気でもまた大量にかいてしまうので、原因を区別することが必要になってきます。

生活の中で手汗で困った方は多いと思います。

これが学生時代だとノートに字を書こうとしたら手汗で紙が湿って書けなくなってしまったり、体育の運動で組み体操の時に手をつなぐのが恥ずかしかったり、ワキガでフォークダンスで手をつなぐことができなかったり。

大人になってからも、ピアノを弾こうとしたら濡れていて滑ってしまう、好きな人と手をつなぐのが怖くてそれがストレスで恋愛に消極的になってしまったりします。

中には大量の手汗のせいで携帯やパソコンが壊れてしまったという口コミもあります。

こんなことで悩みたくないという方に多汗症の治療に効く薬が市販されています。

一向にこういった止まらない症状に対するグッズといっても体の部位によってかく場所によって種類が変わります。

手術をしないで改善のためには、病院の皮膚科の保険がきく薬はどのような種類があるのでしょうか。

そして全身のタイプや顔や頭にかく多汗症に効く市販のタイプがあります。

それは抗コリン薬、で唯一の存在として認可されているのが薬局にはないプロバンサインで副作用が少ないです。

プロバンサインは交感神経の末端から放出されているアセチルコリンという神経伝達物質の放出を抑制する効果の働きを持っています。

プロバンサインは多汗症の改善の代表的なお薬です

医師に相談して多汗症の薬プロバンサインを処方して貰う

胃粘膜の刺激を抑えたり、市販の胃液の分泌を薬で抑えたりと消化管などの異常に作用します。

体内の分泌を抑える働きがあるので多汗症の治療にも有効とされているのです。

市販のプロバンサインを飲んで1時間ほど経過すると全身の汗かきが止まるとの口コミです。

成人の大人は1回1錠を3~4回服用することが通常の病院で医師から指示される服用方法です。

持続時間は4時間~5時間程度です。

効果を高くしたい時には食前に飲むと改善に良いという報告もあります。

ただ、ストレスとなるような副作用もあるので危険で注意が必要です。

ワキガの制汗剤とは違い副作用の症状としては、めまい、眠気、便秘、頭痛、排尿障害の病気が頻繁に起こる可能性があるのです。

その際には服用の回数を減らしたり医師に相談するようにしてください。

ワキの下や手のひらや足の裏に異常に汗をかく場合に広く使われているのが、薬局で市販されている塩化アルミニウムという成分です。

こちらは塗るタイプの市販の物でかきやすい脇、手、足に薬を直接塗って使います。

これを止まらない時に塗ることによってその場所だけ多汗症に効く働きをしてくれます。

どのような作用で抑えてくれるのでしょうか。

市販の薬よりも多汗症にはプロバンサイン

飲むのが怖い方には多汗症には塗る改善方法も

それは、市販の塩化アルミニウムを水やエタノールで20%ほどの濃度に薄めて薬局の薬を皮膚に塗ることです。

止まらない多汗症に一時的に汗腺の出口にある皮膚のたんぱく質を固めるという作用があります。

このたんぱく質を固めることで出にくくしてくれるのです。

この塩化アンモニウムは制汗剤にも含まれています。

使い方としては寝る前に気になる所ワキ、手、足に塗り、起きたら丁寧に洗い流します。

手や足がひどい方は布の手袋や靴下に市販されている塩化アルミニウムを染み込ませて、その上から手袋やビニール袋で覆います。

この方法を「密閉療法」といいます。

これで多汗症を抑える効く治療の効果があるという口コミです。

ただ、こちらも副作用があるので注意が必要です。

塩化アルミニウムは汗腺を閉鎖させることで抑えるので、止まらないからといって長時間続けて使用するとかゆみが出てしまったり、ストレスとなるかぶれを引き起こす可能性があります。

そのため長時間の使用や長時間継続して使用するのは避けた方が良いでしょう。

そして最後は市販されてはいませんが、病院の抗不安薬のデパスが改善の作用があると言われています。

医師は皮膚科ではなく心療内科になります。

こちらは精神性や緊張性多汗症ので悩みを持っている人向けです。

環境によっても多汗症は改善する事は可能です

ネット通販のファミリー薬局で購入できるもの

以前は三牧ファミリー薬局と呼ばれたネット通販で市販されているのが上記の液体で「塩化アルミニウムと塩化ベンザルコニウム液」です。

価格は1本で2457円で 薬局製造販売医薬品という部類に属すようです。薬局製造販売医薬品というのは厚生労働省で薬局で製造することが許可された市販薬なのでお墨付きということになります。

多汗症に効果があるかどうかまでは保証してないですが国に申請して許可を得てネット販売していることになります。

三牧ファミリー薬局さんは数年前にネット上での薬品販売の副作用の是非について裁判で負けてしまったことで有名なところです。

口コミの知名度はそれほどではないですが、取り揃えている種類が病院並みに豊富で多汗症の薬も置いてますので参考にしてください。

精神的な多汗症の一番の薬は安心して落ち着けること

それでは、精神性で汗かきとはどういうことなのでしょうか。

それは、人よりも、かいていることを気にし過ぎてさらにネガティブに影響してかいてしまうケースや人前に立つ時などに緊張してビチャビチャに目立つほどかいてしまう状況です。

運動ではなく、人前に出て人にどう思われるか不安に思うと恥ずかしいほどの濡れてしまう程に止まらない位かいてしまうというのが特徴です。

デパスのような薬が手術でもないのに、なぜ多汗症の病気に効くのでしょうか。

それは、市販されていないデパスを飲むとお酒を飲んだようなホロ酔い状態になり不安や緊張状態から解放されるため、ある程度ストレスなく治療できるというものです。

生活を改善するためにはこの種類は即効性があり、飲んでから15分ぐらいから効果が出てきます。

持続時間は約6時間程度です。

デパスは用法用量が決められているので皮膚科がある病院経由の薬局で保険適用で処方してもらいましょう。

副作用としては長期間や決まり以上に服用してしまうと症状が悪化する場合があったりします。

市販の薬と一緒に飲むと効き目が強くなったり弱くなったりと安定しなくなる時があります。

デパスとお酒も併用して一緒に飲んではいけません。

また、リトナビルという成分と一緒に飲んでしまうと呼吸困難などの症状が出てしまい改善できない程、大変危険な状態になってしまうので注意が必要です。

しかし、精神的な原因で脇から汗が大量に出てしまう方には有効な方法です。

このように多汗症の原因や汗をかく場所によって使う物が変わってきます。

紹介したものはすべて市販されているものなのでこういった止まらないコンプレックスに悩んでいる方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

完全に多汗症を改善する事が不可能な理由

ここまでで男女問わず、特にコンプレックスとして多汗症を捉えている方の場合には、どうすれば完全に多汗症を薬で治療し、病院の医師の効く薬で改善できるのかばかり考えてしまっているでしょう。

しかし、はっきり言ってしまえば生きている以上、全てをストップさせることは不可能ですし、人工的、科学的にそれをやってしまえば確実に違う部分で危険になる副作用と言える影響が出てくるでしょう。

その理由は、人間は汗を掻くことによって体のバランスを取っているのです。

体調が悪い時や何処かに病気や異常が見られた時などのサインとしても使われます。

また温度調整などにも重要な役割を果たしています。

それが、多汗症を抑えるためのサプリメントや薬などで抑制されてしまうことは、デメリットもかなり大きいのです。

それでは、ワキガをいったいどうすれば良いのかと言うと根本的な考え方を変えて、止めるのではなく減らすという目標に移行しましょう。

特に周囲の目を気にしない場所では意識をしない、気にしないという感覚を身に付けましょう。

そうする事でストレスも緩和されプラスの効果が思っている以上に期待できるとの口コミもあります。

汗を掻くのが嫌で、水分を補給しなければ、脱水症状などを起こしてしまう原因にもなります。

若い世代は多汗症で病院で薬を処方して貰う必要性はない?

ホルモンの分泌が活発であり、且つバランスを崩しやすい成長過程である10代や20代は、多汗症を薬を病院で処方してもらってまで治す必要があるかどうかは疑問が残ります。

なぜなら、けして手汗やワキ汗を掻いてしまう理由が、不健康であるからとは考えにくいからです。

結果的には水分を補給して汗として体外に排出する事によって、体温を調節する事が無理に薬によって抑制する事によって悪影響になってしまうことは、よくあることです。

子どもの多汗症には親も一緒に向き合いましょう。

良心的な病院で在れば薬だけでなく、それ以外の方法でも多汗症をケアしていくことを、推奨してくれるでしょう。

もちろん、恥ずかしかったりコンプレックスになってしまいやすい世代ですから、メンタル面も大切ですが、それと同時に親がしっかりと向き合ってどうすれば改善していけるのか、体に負荷を与えないで済むかを考えていきましょう。

多汗症なんてそのうち治まる、気にし過ぎだと放置されたりすることが子どもにとっては一番、苦痛なのです。

丁寧に向き合って、病院やクリニックにも何かに行ったらよいかわからないでしょうから、一緒に付き添ってあげましょう。

けして、子どもだけ判断させない事が重要です。

【関連する記事】